廃タイヤリサイクル

様々な資源リサイクルが進む中、用済タイヤの活用にも注目が集まっています。
下岡タイヤ産業では、用済タイヤのリユース・サーマルリサイクル・マテリアルリサイクルの
3つの方法により、効果的なリサイクルを実施しております。さらに、長年培った実績により、
用済タイヤの安定したルートも確保し、万全の供給体制を整えております。

タイヤ
リユース
(原形利用)
リユース

中古タイヤ、更正タイヤなどをタイヤとして再使用する方法。
部材の寿命を伸ばし、資源を最後まで大切にします。

サーマルリサイクル
(熱利用)
サーマルリサイクル

タイヤを解体し、可燃物をボイラーなどで燃焼させることで、セメント、製紙、製鉄など、様々な工場の熱エネルギー源として再利用します。

マテリアルリサイクル
(加工利用)
マテリサルリサイクル

用済タイヤを使う目的に応じた大きさに破砕しタイヤチップや再生ゴム、ゴム粉などに加工した後、様々な原材料として利用します。

ページTOPへ


再利用されるまでの流れ



廃タイヤリサイクル再利用されるまでの流れ


ページTOPへ